害獣対策で守られる家作りを目指そう|鳩が棲みつかないマイホーム!

作業員

業者に任せる

作業者

自宅に鳩が棲みついてしまうと、糞によるトラブルだけでなく、人間の健康状態に害を与えてしまいます。鳩の排泄物にある病原菌を吸ってしまうことで、喘息などのアレルギー症状にある重い疾患を患ってしまうことがあります。また、糞が乾燥していくとカビが発生してしまい、空気中に胞子が落ちて増殖していきます。増殖したカビを人間が触れてしまうと、肺結核に似た症状を起こしてしまいます。他にも、脳炎やオウム病、ニューカッスル病など様々な病気を発症してしまいます。子供や年配の方など家に住まわれているとこれらの病気を発症しやすくなってしまうので、早めに鳩を追い払う必要があり、巣を作らせないために対策をしなくてはなりません。巣から追い出すための対策用品とされているスプレーなどがあります。それを撒くことによって、追い払うことができます。しかし、巣を作っている場所によりますが、天敵から巣を守るために高い位置にあります。ですので、脚立を使って使用する必要があります。ですが、いきなり飛んでしまうと羽毛が舞いますし、吸い込んでしまうとアレルギー症状を起こしてしまいます。また、脚立から落ちてしまう危険性があります。ですので、自分で追い払ったり対策をしたりするのは危険だといえます。ですので、家に棲みついた鳩を追い出したい、対策をしたいという方は業者に任せた方が良いでしょう。業者に任せておけば、病気や高いところから落ちてしまうことはありません。